親しいお姉さんがここに行きたいと言って 訪問してみるんです。
乙支路、静かで人里離れた路地に位置するワインバーです。 アジトを訪ねるような気分で古い建物や狭い階段を上ると、落ち着いた雰囲気で迎えてくれます。 なぜ「屋根裏部屋」と名づけられたのかは、到着すると共感することができます。 ワインは社長にすすめられ、「プシケ(PSYCHE)」という名のナチュラルワインに選びました。 イタリア·トスカーニ地域のワインで、カベルネソーヴィニヨン70%、産地オーベーゼ30%の2品種を使用して作られていますが、価格帯が少々負担となり、ラベルは気に入りました。 確かに感覚的なラベルデザインはナチュラルワインのメイン魅力ポイントです。​一口目の印象は大人しさでした。 ナチュラルワインなのかと思うほど魅力がなく落ち着いていました。 ナチュラルを初めて目にする方でもリラックスして飲めるという説明通りです。 一緒に注文したシグネチャーチーズプラッターは、カマンベール、ベルキューブ、レジアーノ、パルミジャーノなどの使い捨てポーション製品をうまく活用した。 様々なパッケージが揃ったが、ビジュアルが華やかになり、クリームチーズを詰めたチェリーペッパーとグリーン&ブラックオリーブのような瓶詰めも構成が良かった。 そういえばある料理、あるメニュー、ある商品は上手に選ぶだけでもいい印象を残すと思います。 何でも手作りである必要も、手作りであるわけでもない時代ですから。 乙支路の近くでワインを飲んでおしゃべりできるワインバーです。 ところでコロナが早く通らなければならないんですが…ママコチャ!!ワインバーです。~大田市内ではなく、ユチョン洞 강남풀싸롱 に位置していますので、人で混みませんし、静かに雰囲気を楽しむことができると思います。​一人で来ても、こうやってバーテーブルで 一杯軽くしてもよさそうですね入り口の方はワインボトルです。コルク栓でインテリアをしておきました。ホールが広くて良かったです!ホールの片隅にカーテンがあったので入ってみたらパーティールームがありました。ブライダルシャワーや誕生日に 予約して来てほしいですね。コロナが消えた時期に、すみずみのインテリアもきれいですね。社長のセンスが感じられます。リースリングが好きな僕はですね。座るやいなや、 リースリングを見つけたんです。ワインのことはよく分かりませんので、職員の方にお聞きしましたが、親切に説明してくださっておすすめしてくださいました。アイスバケットに入れて温度維持ができますから話しながらちびちび飲んでもです。涼しくてリースリングの甘さが ずっと漂いました。友達がワインバーに行きたいと言っていましたので、偶然ついて来たところですがとても満足しました。つまみはお腹がいっぱいなのでチーズプレートを注文したんですけど種類も多様で量も多いですねお腹いっぱいです、社長。​直接お越しになって、チーズ類とワインと おつまみがよく似合うのか説明もしてくれました。これは牛肉ザラダのサ-ビスでくれました~。これがサ-ビスですかこれはお金をもらって売ってください。(泣)です。​バルサミコがかけられたサラダです。ワインとチーズだけ食べてさわやかなサラダを食べますからそしてマスク保管パックもください持って行ってリサイクルできていいです!​ここは社長のセンスが溶け込んでいるところです。小物一つ一つ女心狙撃です!親切度5点満点です!隅々まですべての場所がフォトゾーンです。​ワインの種類もホワイト、レッド、スパークリングが多様でつまみもおいしいです。正直ムンレでワインバーに 行くことはあまり考えませんでした。ムンレと言えば有名なオールドムンレ、 チェ·ユンヒとかにたくさん行った記憶です。この前ムンレワインバー ファインというワインバーができて親しいお姉さんがここに行きたいと言って 訪問してみるんです。そういえば看板の感じとインテリアはちょっと合わないかもしれませんね。ファインは、あれという位置にあるんです。ムンレドン(文来洞)やウルチロ(乙支路)の位置部分は毎回そうだったような気もします。この日6時近くに訪問したのでウェイティングはありませんでしたが私たちが出かける頃にはウェイティングがすごく多かったというムンレワインバーのファインはナチュラルワインからポートワインまでラインナップが多様です。毎回やりたかったワイングラスに、 絵を描くことができるマカも用意されていました。楽しく描いてから急に皿洗いの心配をするようになる私です。

乙支路、静かで人里離れた路地に位置するワインバーです。 アジトを訪ねるような気分で古い建物や狭い階段を上ると、落ち着いた雰囲気で迎えてくれます。 なぜ「屋根裏部屋」と名づけられたのかは、到着すると共感することができます。 ワインは社長にすすめられ、「プシケ(PSYCHE)」という名のナチュラルワインに選びました。 イタリア·トスカーニ地域のワインで、カベルネソーヴィニヨン70%、産地オーベーゼ30%の2品種を使用して作られていますが、価格帯が少々負担となり、ラベルは気に入りました。 確かに感覚的なラベルデザインはナチュラルワインのメイン魅力ポイントです。



一口目の印象は大人しさでした。 ナチュラルワインなのかと思うほど魅力がなく落ち着いていました。 ナチュラルを初めて目にする方でもリラックスして飲めるという説明通りです。 一緒に注文したシグネチャーチーズプラッターは、カマンベール、ベルキューブ、レジアーノ、パルミジャーノなどの使い捨てポーション製品をうまく活用した。 様々なパッケージが揃ったが、ビジュアルが華やかになり、クリームチーズを詰めたチェリーペッパーとグリーン&ブラックオリーブのような瓶詰めも構成が良かった。 そういえばある料理、あるメニュー、ある商品は上手に選ぶだけでもいい印象を残すと思います。 何でも手作りである必要も、手作りであるわけでもない時代ですから。 乙支路の近くでワインを飲んでおしゃべりできるワインバーです。 ところでコロナが早く通らなければならないんですが…

ママコチャ!!ワインバーです。~

大田市内ではなく、ユチョン洞 강남풀싸롱 に位置していますので、

人で混みませんし、静かに

雰囲気を楽しむことができると思います。


一人で来ても、こうやってバーテーブルで 一杯軽く

してもよさそうですね

入り口の方はワインボトルです。

コルク栓でインテリアをしておきました。

ホールが広くて良かったです!



ホールの片隅にカーテンがあったので入ってみたら

パーティールームがありました。

ブライダルシャワーや誕生日に 予約して来てほしいですね。

コロナが消えた時期に、

すみずみのインテリアもきれいですね。

社長のセンスが感じられます。

リースリングが好きな僕はですね。

座るやいなや、 リースリングを見つけたんです。

ワインのことはよく分かりませんので、職員の方に

お聞きしましたが、親切に説明してくださって

おすすめしてくださいました。

アイスバケットに入れて温度維持ができますから

話しながらちびちび飲んでもです。

涼しくてリースリングの甘さが ずっと漂いました。

友達がワインバーに行きたいと言っていましたので、

偶然ついて来たところですが

とても満足しました。

つまみはお腹がいっぱいなので

チーズプレートを注文したんですけど

種類も多様で量も多いですね

お腹いっぱいです、社長。



直接お越しになって、チーズ類とワインと おつまみが

よく似合うのか説明もしてくれました。

これは牛肉ザラダのサ-ビスでくれました~。

これがサ-ビスですか

これはお金をもらって売ってください。(泣)です。



バルサミコがかけられたサラダです。

ワインとチーズだけ食べてさわやかなサラダを食べますから

そしてマスク保管パックもください

持って行ってリサイクルできていいです!



ここは社長のセンスが溶け込んでいるところです。

小物一つ一つ女心狙撃です!

親切度5点満点です!

隅々まですべての場所がフォトゾーンです。



ワインの種類もホワイト、レッド、スパークリングが多様で

つまみもおいしいです。
正直ムンレでワインバーに 行くことはあまり考えませんでした。

ムンレと言えば有名なオールドムンレ、 チェ·ユンヒとかにたくさん行った記憶です。

この前ムンレワインバー ファインというワインバーができて

親しいお姉さんがここに行きたいと言って 訪問してみるんです。

そういえば看板の感じとインテリアはちょっと合わないかもしれませんね。

ファインは、あれという位置にあるんです。

ムンレドン(文来洞)やウルチロ(乙支路)の位置部分は毎回そうだったような気もします。

この日6時近くに訪問したのでウェイティングはありませんでしたが

私たちが出かける頃にはウェイティングがすごく多かったというムンレワインバーのファインはナチュラルワインからポートワインまでラインナップが多様です。
毎回やりたかったワイングラスに、 絵を描くことができるマカも用意されていました。

楽しく描いてから急に皿洗いの心配をするようになる私です。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다